製品紹介

NK Vue® Kit NK細胞の話 Super NK®
    자료실
Home > 製品紹介 > NK細胞の話
배경

    NK細胞の話

    NK細胞ついて知りたいことは?。

    私たちの体の免疫細胞

  • NK細胞
  • T細胞
  • B細胞
  • マクロファージ

    NK細胞とは?

  • 私たちの体では、ガン細胞のような異常細胞が一日に5,000個以上誕生するといわれています。 NK細胞は、自然免疫を担当する細胞で、腫瘍または病原菌に感染した細胞を攻撃する細胞です。NK細胞はがん細胞を認識して攻撃したり、ガン細胞の増殖を抑制し、癌の再発や転移を防ぐことができたり、癌に対する免疫機能を強くすることができます。 NK細胞は非正常細胞を認知した瞬間、すぐ殺したり、多様なサイトカインを分泌するような、細胞毒性を示す細胞であります。NK細胞がこのように非正常細胞を感知して除去できるのはNK細胞表面に存在する様々な免疫受容体があるからです。このほかにもNK細胞は様々な免疫調節物質を分泌し、過度な活性や低下を示す他の免疫細胞に影響を与えることで、全体的な免疫系バランスを維持する重要な役割を担っています。
  • NK細胞とは?
  • したがってNK細胞は健康を守る免疫力の重要な指標となって、1980年代の初めから、NK細胞の研究が進められてきました。最近では、NK細胞の数に注目していた初期の研究と違って、NK細胞の活性度が免疫力に大きな影響を与えることが証明されて、様々な疾患およびNK細胞活性度の関連性に関する研究が盛んに行なわれています。

    NK細胞!なぜ、数ではなく活性度なのか? . . . .

    NK細胞はこのように私たちの体を外敵の攻撃から守ってくれるので、その数が大事であると思われた時期がありました。
    しかし、最近の研究によって、NK細胞の数よりも活性度がもっと大事であることが明らかになりました。免疫力を測るときに大切なのは活性度がどれほど高いかどうかです。
    NK細胞の活性度は癌をはじめ、自己家免疫疾患などを患っている多くの患者は健常者に比べて著しく低いことが分かっています。 これは患者の血液内でNK細胞の活性が落ちているからです。 NK細胞の活性度が低いということは体内のNK細胞が異常細胞を攻撃する能力が低いことを意味します。 このため仮にNK細胞活性度が低い状態が続けば、各種病気の発生確率も高くなります。
  • NK 세포의 역할

    数NK細胞の活性度検査の長所

  • NK 세포 활성도 검사의 장점